事故で入院した時代

俺が過去、事故で入院した時の話です。

一気に右折してきたクルマにひっかけられ、私のバイクは宙に浮きました。

気が付くと交差点の中位でうずくまっていましたが、一気にそのアクシデントを目撃したヒトが緊急クルマを呼んでくれました。

緊急車内で息苦しさを感じながら病院へ搬送された俺は、どうも背中を打ってろっ骨が骨折したのと一気に、肺を傷つけてしまった感覚だ。

配慮もはっきりして、被害は擦り傷と打撲だけでしたが、さすがにろっ骨骨折であるくのは厳しかったんです。

そこでナース君が車いすを持ってきて俺を座らせてくれました。

俺は身長180cmを飛び越え、ウェイトも90kg突破。

さすがにナース君は両方がかりだ。

そのナース君は両方とも150cmあるかないかの小柄なヒトでした。

元来入院として、折れたろっ骨は、胸にバンドを巻き既存して、傷ついた肺と共に自力で復調を待つことになりました。

好運10お天道様程度で退院できたものの、入院センター、こういう大きい体の車いすの乗り降りは、さっぱり、あのちっちゃなナース君のお世話になってしまいました。

予め肋骨骨折って、背中にも腹筋にも技術が入れられなくて、自分でベットから降りられないんです。

思い切り、ナース君や介護士君が腰を痛めてしまうが、私のような巨漢を動揺見ていたらだめも弱い話です。

当然、掲げる秘策もあるんでしょうが、でも永い機会こうした手続を続けていたらかないませんよね。

あのときのナース君、正にお世話になりました。http://www.carcasherdotcomseocontest.cc/